物撮りしたくなったので安めの撮影ボックスを試しに買ってみた

ガジェット

最近買ったものを写真に収めるときに、部屋の余計な部分が写真に入ってしまったりしてトリミングが面倒だったり、写真に影が入ったりというのが気になってました。そんなわけで、物を撮るためのちょっとした設備が欲しくなったので買ってみました。

あんまりガチ目じゃ無いやつを選んでみた

最初は「とりあえず撮影用のボックスが欲しい」くらいの感じで軽く考えていました。でも調べてみると色々と要素がある模様。例えば、『照明』だけでも、ライトの配置(円形・直線・2列)、ライトの明るさ調整ができるかどうか、ライトの色味調整できるか、など色々とあります。あとはボックスの大きさもいろいろな種類があったり、収納時の大きさにもこの辺りは絡んでくる要素になってます。

今回自分が目指したかったのは以下のポイント。

  • 照明はとりあえず明るければ良い
  • あんまり大きなものは撮影しないので小さめでOK
  • 組み立て簡単
  • 収納時に場所を取らない
  • 背景シート(無地カラー)はあれば嬉しい
  • 価格は安め

ちょっと欲張り感ありますね……。

で、結局自分が購入したのはこちら。

開封の儀

早速届いたパッケージを開封してみます。届いた状態はこんな感じで、結構コンパクトです。持ち運び用のカバンもついていて、外に持ち出すことも可能です。……まぁ、たぶん持っていくことは無さそうですが。

開けてみたらこんな感じのセットになってました。左から順に、組み立てマニュアル背景シート4種類折り畳まれたボックス本体(右上)、電源ケーブル(右下)といった構成です。背景シートは雰囲気を変えて撮影したいときにあると便利そうでした。やっぱり白だけだと物足りないし、撮影するものによって使い分けたい。

組み立ててみる

マニュアル通りに組み立ててみますが、内容はシンプルで1分で組み立て・収納ができそうな感じ。元々は組み立て簡単が理想だったのでこの時点で良い感じです。付属の本体が折り畳まれており、それを展開してボタンをとめるだけで完成という簡単さ。

折り畳まれた本体を展開したところ。左に見える円形がLEDライトで、この面が天井となります。

ボックスの左右の壁はボタンでとめるだけの簡単構造。組み立ては1分で完了です!

ボックス組み立て後は、電源ケーブルをケースの端っこから突っ込んでLEDライトのリングに接続すれば準備完了となります。

完成したのでLEDライトをつけてみたところがこんな感じです。左右の壁はむき出し感あるので、撮影の時はフレーム外にするべきところです。もしくは撮影後にトリミングして消すかですね。ボックスの中はそこそこ明るめです。

ちなみにこのボックス、もう一つ機能があってボックス上部の面が開くようになってます。ここから撮影することで上部からのイメージが撮影可能になっています。考えられている……。

 

実際に撮影してみると……

すぐ手元にあったサプリのボトルを撮影してみました。なぜこれをチョイスした、というツッコミはあるかと思いますが、すぐ近くにあったのだから仕方ない。背景は白ではなく、よく見かけるグリーンバックを設定してみました。そして実際に撮影したのが以下の写真。

背景も落ち着いており、なかなか良い感じではなかろうかと自画自賛。被写物が細長いこともあって、ちょっとライトのあたり具合がいまいちなところもありますが、置く場所を調整することでもう少し明るい写真にはできそうです。

まとめと感想

まだまだ本格的に撮影していない状態ではありますが、満足度はなかなか高いです。求めていたスペックは全て満たしていますし、使わない時はコンパクトに収納できるので部屋が狭い人としては非常に助かります。ライトの明るさは個人的には十分かなという印象ですし、明るさ調整ができるのも良い点です。また、背景シートが4色ついているので、撮影するものの色に合わせて選択できますし、設定も非常に簡単。

今後の記事ではこの撮影ボックスを使って撮影した画像がバリバリ使えるようになっていると良いなぁ。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ガジェット
Oculus Goが突然起動できない現象が発生したので対策をしてみた

ある日突然、Oculus Goが起動できない現象が発生したので対応方法を考えてみました。 突然Ocu …

ガジェット
子供の通学用に『どこかなGPS』を導入してみた

子供が入学した時に、ちゃんと通学・帰宅できるかが超不安だったので、GPSを導入してみたというお話。 …

会議
ガジェット
リモートワークで改めて内蔵カメラのセキュリテイについて考えてみた

新型コロナウイルスによってリモートワーク(在宅勤務)になった方も多いかと思います。そんな時に改めて考 …