AWS 利用料支払いをクレジットカードで出来なかった件

プログラム

とある昼下がりの午後(だったかは定かではない)に一通のメールが届きました。
タイトルはこんな感じです。

Problems with your AWS Account – Please read urgently

う〜ん、パンチ力あるタイトルです。
こちら記事はこの問題についてどう対応したかのメモ書きです。

そもそもこのメールは正式なものなのか?

まずは疑いたくなるのは「アカウント異常を訴えつつ、その是正を促すふりをして個人情報(ID やらパスワード)を抜き出すやつ」ではないか、ということ。メールの文言は以下の通り。

Dear Amazon Web Services Customer,

There was a problem with payment for your account XXXXXXXXX. We were unable to charge your credit card for the amount of $xx.xx for your use of AWS services during the month of Aug-2019. We will attempt to collect this amount again. Unless we are successful in collecting the balance of $xx.xx in full by 09/30/2019, your Amazon Web Services account may be suspended or terminated.

AWS Account Number: XXXXXXXXX

If you wish to change how you pay us, you can do so by going to:
https://console.aws.amazon.com/billing/home#/paymentmethods

You can view details of the charges on your bill by selecting the billing month in the dropdown at the Billing & Cost Management page:
https://console.aws.amazon.com/billing/home#/bill

If you have any questions regarding your bill, please feel free to contact us at:
https://aws-portal.amazon.com/gp/aws/html-forms-controller/contactus/aws-account-and-billing

Thank you for being an AWS customer.
Sincerely,
Amazon Web Services

その時 AWS Billing Console Manager では何が起きていたのか?

ということで、正しい情報である様なので(念の為メールのリンクでは無く)いつもの AWS アカウントログインの手順を経た上で、AWS の支払いがどんな状態になっているかを確認しました。Billing の『注文と請求書』を確認すると確かに問題が発生している様です。

内容を確認する限り、クレジットカードによる支払いが出来ない、ということは理解できました。でも、これどーすんの?そのまま放置し続けると月末にアカウント凍結されるらしい。ざわ…ざわ…。

試してみたこと:同じクレジットカード情報を登録しなおしてみる

あんまり意味なさそうですが、再度同じクレジットカード情報を登録し直して支払おうとしてみました。登録自体は問題ないのですが、実際に支払いを実行してみると少し後にまたもや『Problems with your AWS Account – Please read urgently』メールが飛んできました。ぬぬ……。

解決:別のクレジットカードを登録してみた

もうこれまでのクレジットカードとは別れを告げ、手元にあった別のクレジットカードを利用してみることを試してみました。そうすると何ということでしょう。あっさりと支払い完了メールが届きました。タイトルは『Thank you for your payment』。Billing Console Manager で確認してみても確かに変更したクレジットカードで支払いがされていました。めでたしめでたし。

結局原因は何だったのか?

AWS の公式サイトの FAQ によると、以下のケースが失敗する原因とのことでした。

  1. クレジットカード番号、有効期限、請求連絡先、電話番号の間違い
  2. 利用しようとしているクレジットカードブランドを AWS が受け付けているか?
  3. 支払い口座に十分なお金があるか?
  4. 銀行が AWS の支払いを承認しているか?

今回の自分のケースは4に該当するのかなと思っています。AWS の料金支払いはこれまで数回実績があるので、1, 2 についてはありえませんし、口座にお金もあるので 3 も無いので消去法です。同様のケースで困った方の話をチラッとみた時にはカード会社が不正利用だと判断し止めていた、というケースもあった様です。想像でしか無いですが、その月の利用料が少し多めだったので、日本のクレジットカードで US ドルの決済が多少増えたのでそこがネックになったのかもしれません。

自分の場合は別のクレジットカードを利用することで回避しましたが、カードが1枚しか無い場合などは、AWS のサポートやクレジットカード会社に問い合わせてみるのが一番良いかと思います。ちなみにその後の月は以前のクレジットカードでの支払いが成功していたりします。謎です。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プログラム
ファイルを読み込む html/JavaScript をローカル環境で実行したかった件

ローカル環境で html/JavaScript を書いている機会が増えて、色々と詰まったところがあっ …

プログラム
既存のローカルプロジェクトを GitHub に移行する時にハマったメモ

現在ローカルで作成中のウェブアプリ(Rails アプリ)を GitHub でバージョン管理しようと思 …

サービス開発
1
御朱印地図 Web アプリ『ごしゅつい』をとりあえずリリース!

以前に「将来的に Web アプリ作りたい」と言っていた、御朱印情報とマップを融合させたサービスをとり …