別の PC で作った Unity プロジェクトを開いたら真ピンクだった件とその対応策

プログラム

Unity プロジェクトを開いたらそこはピンク色の世界だった

最近は Unity も趣味でポチポチといじっていたりするのですが、家の PC が複数台ありその間でプロジェクトを共有しようと思いました。具体的にはこれまでデスクトップ PC で作成していた簡単なアプリを出先でいじるためにノート PC に入れてみた、という感じです。状況としては、デスクトップの方は少し Unity のバージョンが古く(5系の最初くらいだったはず)、ノートの方はそれよりも新しいバージョンがインストールされていました。そのプロジェクトも元をたどれば4系で作っていたこともあり、このあたりの管理はザルでした。

さて、いざデスクトップ PC のプロジェクトをノート PC にコピーして開いてみるとこんな感じで一面ピンクの画面になっておりました。

原因は Material が未設定になっているからっぽい

とりあえず背景の Sprite の設定におかしいところは無いかを見るべくインスペクタの項目を覗いてみると、Material が None になって(下図参照)いました。多分これかなぁ。一応このプロジェクトは Unity 2D のものですが、多分 3D であっても Material が設定されていなければ同じ結果(例えばモデルが真ピンク)になるものと思われます。

では、Material を実際に設定しなおしてみましょう。上図の赤で囲まれている右側にあるポッチを押すと Material の設定ウィンドウが開きます。

とりあえず Sprite-Default を設定してみます。ほかに適切なマテリアルがあるならそちらを選択してください。選択するだけで Scene の表示が正しくされたことが確認できるはずです。これで無事に以前の表示に戻すことができました。めでたしめでたし。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プログラム
AWS 利用料支払いをクレジットカードで出来なかった件

とある昼下がりの午後(だったかは定かではない)に一通のメールが届きました。 タイトルはこんな感じです …

プログラム
ファイルを読み込む html/JavaScript をローカル環境で実行したかった件

ローカル環境で html/JavaScript を書いている機会が増えて、色々と詰まったところがあっ …

プログラム
既存のローカルプロジェクトを GitHub に移行する時にハマったメモ

現在ローカルで作成中のウェブアプリ(Rails アプリ)を GitHub でバージョン管理しようと思 …