リモートワークで改めて内蔵カメラのセキュリテイについて考えてみた

会議
ガジェット

新型コロナウイルスによってリモートワーク(在宅勤務)になった方も多いかと思います。そんな時に改めて考えたいPC内蔵カメラに対するセキュリテイについて考えてみました。

会議

リモートでミーティングすると気になるカメラの存在

リモートワークしてますか?リモートワークしているとミーティングもリモートで、という話になるかと思います。リモートで仕事をすると人との距離感が遠くなった様に感じて、カメラを使ったミーティングなどを行うことも多くなります。これはこれでその人を近くに感じられるので必要なものだと思います。ただ、時にそのカメラの存在が気になるもの事実です。「本当にミーティングの時以外にカメラはOFFになっているのか?」「いつの間にかプライベートの時間が撮影されているのではないか?」そんな風に考えてしまう方もいるのではないかと。今回はそんなカメラの特にノートPC等に内蔵されているカメラが気になる方への記事です。

camera

気になるなら物理的に潰してしまえばいいじゃない

シンプルかつ効果的な方法としては、「物理的に見えなくする」でしょう。つまりカメラのレンズ部分を常時隠してしまうわけです。↓コイツです。

これを物理的に壊すと単なるPC破壊なので、カバーなりすることになります。紙で塞ぐなどもOKですが、毎回外すのも面倒ですし紙を貼るというのも見目麗しくない訳です。そんな時に役立つのがこちら。

 外付けの手動シャッターで、これであれば導入は容易かつ好きな時にON/OFFできてなおかつ見た目も悪くないという素敵アイテムです。

導入してみた

早速購入してみました。パッケージはこんな感じ。

パッケージを開けてみると本体以外にも何か入っていました。本体を貼り付ける場所のゴミ取や掃除をするものがついてました。(自分は6個も入っているからあまり掃除せずに取り付けたので使ってません)

本体はこんな感じです。粘着テープでくっつけるタイプなので、少し頑張れば外せそうです。実際に爪をガッツリ突っ込んでみたらポロっと外れました。ちなみにスライドする部品もポロっと外れることがありますが、再度溝の部分に押し込むことで簡単に復帰できました。

実際に付けてみるとこんな感じです。自分は MacBook Pro を利用していますが、特に問題なく取り付けできました。蓋を閉じた時にも特に干渉することも無いようです。

当たり前ですが操作も簡単で、単にスライドさせるだけでカメラを隠せます。これで家族が乱入してきた時にはスライドさせることでカメラに映ることも無いです。一安心。ミーティング以外はカメラは閉じておけば、緩み切って鼻をほじっている画像が世界にばら撒かれることも無いでしょう。これで安心ですね。それでは良い在宅ライフを。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日記
Autoptimizeでブログのパフォーマンス評価が爆上がりした

たまに更新するくらいで基本放置気味のこのブログ(WordPress)ですが、ちょこちょこ来訪される方 …

日記
BackWPup で WordPress バックアップしようとしたらエラーが出続けた話

備あれば憂いなし いざという時のために WordPress のバックアップを取ろうとしたが…… こち …

日記
スマホを失くしたけど GoogleMap でちょっと安心できた話

あぁ、やってしまった……。 やっべ!スマホをバスに忘れた気がする…… 程よく酔いながら帰りのバスを降 …